top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

老化防止を期待して:クローブ精油

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。




写真のきのこの山のようなつぶつぶが「クローブ」です。



私は長年スキンケアにアロマジェルを愛用しています。


作り方はとても簡単で、無香料のジェルにアロマ精油を垂らして混ぜるだけなのですが、

時々「クローブ精油」を投入

クローブ精油は、抗菌力が非常に高い精油ですが、

同時に皮膚刺激も強いので、スキンケアには意外かもしれないのですが、

「抗酸化力」も高いのです。


お肌の老化防止を期待していますが、

使用するのはほんの少量です、ご注意ください。


さて、

「抗酸化力」ってよく言いますけど何でしょう?


活性酸素の有害な働きから身体を守るという事です。


では活性酸素とは?


私達は、呼吸を行い酸素を取り入れ、エネルギーを作る反応に使っています。

その中で「活性酸素」と言われる不安定な酸素が生じます。


活性酸素もまるっきり悪者ではなく、病原微生物をやっつけたりするのですが、

ストレス、紫外線、その他で増えすぎた活性酸素は、自身の正常な細胞も攻撃してしまいます。


その結果、必要以上に老化が進んでしまうのが、大きな問題。

「老けてしまう」わけです。


増えすぎた活性酸素→自身の正常な細胞を攻撃→老化の促進


植物に含まれる抗酸化物質は、

その際に身代わりになって(盾になって攻撃を受け止めてくれる)

私たちの正常な細胞を守ります。


これが抗酸化


どうして植物にこんなことが出来るのかと言いますと、

植物も光合成が不可欠で、太陽光(それに含まれる有害な紫外線)をあびないわけにはいきません。


日傘をさしたり、UVケアを行うことはできません。


植物は、紫外線を反射したりする機能や、

細胞内で紫外線を吸収する抗酸化物質(フラボノイド系化合物)など、

その自衛手段を進化させてきました。


その働き=抗酸化を、私達は、

アロマやハーブと言った形でちょうだいしているんですね。



植物なしには、私たちは生存することができませんから、

私のようなハーバリストは特に、植物への感謝の気持ちを忘れてはならないと思っています。


いつまでも若く見えたいわけじゃない、

でも、できればいつまでも心も体も健やかでありたい。


なので、

野菜や果物をたくさん食べて、


アロマやハーブ、フラワーエッセンスを活用して、

これからも……ふんばる!!



という事で、抗菌だけではないクローブ精油も、機会がありましたらお試しくださいね。



ABUNDANTIAのライン公式アカウントです。

今後はこちらからのオンラインセミナーなども計画しています。


ご興味があればぜひご登録ください。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page