top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

私にとってはヒステリーのお薬

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



あたたかくなったので庭の手入れが行いやすいです。

レモンバームの古い葉を刈ったら、下から新しくたくましい葉が生えてきています。


ABUNDANTIAのいたる所にありますが、

半日陰では繊細な柔らかい葉に、日が照る場所ではたくましい葉になるようです。

(ぺパーミントより強い印象。しかもペパーミントより常緑)


今日もジャムと一緒に香りづけに煮込んだところです。


実はイライラして仕方ない事がありまして、

レモンバームのお世話していたら、その香りにイライラが嘘のように

すっと収まった経験があり、それ以来一目置いているのです。


これは、精油成分のシトロネラールだと思います。


レモンバーム(別名メリッサ)は……。

①不安やストレスを軽減し、気持ちをおだやかにしてくれます。

「人を喜ばせるハーブ」と古来から呼ばれており、

 イブン・シーナの本には、

「心を明るく陽気にさせ、元気を取り戻す」と記されています。


ドイツでは、緊張、不安、不眠の治療に認められています。


②医師で錬金術師のパラケルススは、「若返りの妙薬」

「不老不死の万能薬」と呼んだそう


新しい研究では、長期記憶や記憶能力の改善の可能性もわかっており、

アルツハイマ―や認知症に期待されているそうです。

 

 

③消化管の筋肉もゆるやかにするので、胃けいれんやガスがたまる時にも◎

 食べ過ぎて胃が痛いというより、「神経使いすぎて胃が痛い」みたいな時にいいのかも


なんだかますますほれ込んできましたよ。


レモンバームのチンキを作り、

お風呂に入れたり、お休み前に少量飲んだりしてみたいなと思います。

きっと精神安定と安眠が得られるのではないかな。


ペパーミントとレモンバームのシロップとか良さそう。

ジンみたいなお酒にちょっと入れたりね。


今年は様々なに使いまわしてみるよ♡

ちなみにABUNDANTIAの「おやすみ」というブレンドハーブティーにも、

パションフラワーとともに使用していますが、好評です。


レモンバームのハーブはSHOPにても取り扱っております。


こちらから、ご来店を予約いただけるとスムーズです↓







閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page