• 川﨑あゆみ

生ものを食べた後必ずお守りとして飲んでる


うっかり写真を撮り損ねましたが、本日もハーバルセラピストコース


3名様にお越しいただきました。


本日は、レッスン6 メディカルハーブ製剤Ⅰ


製剤の基本知識、製剤に用いる基剤とその特徴、様々な剤型とその特徴など。


ハーブ各論は、ソウパルメット、タイム、ダンディライオンです。




今日は、タイムについて少しお話ししますと……。


このように背の低いもっさりとしたハーブです。


わが家も2株育てていますが、


寒さにも強いようで、


今年の雪にも耐えましたよ。



タイムの力は、何といっても殺菌力


抗菌ハーブと言ってもいいですね。




精油成分として、フェノール類のチモールやカルバクロールを含みます。


このチモールなどが強い抗菌力を持ちます。


タイムのハーブティーを飲むときは、同時にその香りを十分に呼吸器から吸い込みましょう。


また、界面活性作用を持つ「サポニン」を含んでいますので、


風邪をひいて痰が絡むときなどにもおすすめ。


呼吸器の不快な症状を軽減するでしょう。



また、飲むわけですから、消化管内も殺菌しますから、


私は生ものを食べた後はタイムのハーブティーを飲むことにしています。


(最近、牡蠣が美味しいでしょう? 私大好きなんです。焼き牡蠣)


タイムを飲めばいいと思えば、思い切り牡蠣を楽しむことができます。


(あくまで私の場合です、効果効能を保証するものではありません。あしからず)



味は少し癖があるので、好みがわかれるかもしれません。


でもね、私にとって、1つあると安心のお守り抗菌ハーブです。










7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示