top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

何かと若返るハーブ:ローズマリー

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。



読んで下さる方の為に、毎回お手紙を書くつもりで、

あれこれ書いています。


今回は、うちの庭にもふんだんにあります、「ローズマリー」のお話を。


季節になりますと園芸店でも簡単に手に入りますし、

とても強いので、一度植えたらほったらかしでもぐんぐん大きくなります。


そんなローズマリーのテーマは何といっても「若返り」


含有成分の「ロスマリン酸」(ポリフェノールの一種)ですが、


(ローズマリーから発見されたことが名前の由来ですが、

もちろんローズマリー以外の植物もこの成分を持ちます。)


アルツハイマー病では、脳に老人斑と呼ばれる病的なシミのようなものができるのですが、

ロスマリン酸を摂取したマウスにおいて、老人斑ができることを抑えたという実験があります。


認知症の予防にロスマリン酸が可能性を持つのかも。

脳の若返りっていいですね♡


学名は、ロスマリヌス・オフィキナリス

オフィキナリスというのは「薬用の」という意味を持ちます。


昔から薬用に使用されてきたのでしょう。

医学的に使用された最も古い植物の1つと言われ、古代エジプトのお墓の中からも発見されています。


古代ギリシアやローマ時代には、

記憶力を高め、頭脳を明晰にし、若さを保って老化を防ぐ植物と信じられていました。



和名をマンネンロウ:万年朗 「永遠の青年」です。

冬でもその青々しい姿、素晴らしい生命力です。



私はティ―にて飲んでますが、美味しいので一番重宝しているかも!?

とにかく香りがよい♡


その他チンキにもしますし、


お料理にも良く使います。

臭みの強い肉料理、魚料理に。

オリーブオイルとニンニク、塩コショウとスパイス(あるもので)で、

お肉を漬け込んで野菜と一緒にロースト、よくやります。

香りが食欲をそそります。


ジャガイモなどともよく合うので、「ローズマリーポテト」とか。

パン生地やクッキー生地に混ぜても香り良い


良いことだらけじゃない??

一家に1本、かもしれない。


あまりにも育ちすぎて、うちのキャンプ場では薪にされているという 笑

若返って頭が良くなる「焚火」もいかがでしょうか?



 



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page