top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

ジャーマンカモミールのチンキ

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。





●ジャーマンカモミールのチンキの作り方


①消毒した容器を準備

②ジャーマンカモミール(オーガニックを使用)10gを、

 ウォッカなど40度以上のアルコール100mlにつけこむ

 (今回は私はジンを使用)

③内容成分がよく抽出されるように、1日数回揺らして2週間で完成



●抽出できる成分は(良く溶けるものから順に)

①ウンベリフェロン:抗酸化、紫外線吸収

②アピゲニン/ルテオリン:抗酸化、抗炎症、抗ウイルス

③エスクレチン:抗酸化、紫外線吸収



●使い方


①抗酸化・抗炎症作用を期待してスキンケアに

 ハーブウォーターに混ぜて化粧水にします。

 濃度は、5〜10%程度で


②抗ウイルス作用を期待してお風呂の際に浴槽に。

 抗炎症作用もあるので、ニキビ・吹き出物・あせも等の

 皮膚トラブルに良いと思われます。

 

③抗酸化作用を期待していつものハーブティ―に数滴滴下して

 これは、アンチエイジングティーですね。

 寝る前に飲んだらリラックスして安眠もできそう。


外用・内用両面からじゃんじゃん活用していきたいと思います♡



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page