top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

飲み会の後(暴飲暴食)のハーブ?タイム

更新日:2023年3月23日

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。







最近牡蠣のおいしさに目覚めてしまい、食べる機会が増えました。

(スーパーで買った大村湾の岩ガキは小粒だけど美味でした)


実は、あたったら怖いのでカリカリに燻製のように

焼いて食べるのが常だったのですが、

(牡蠣の食中毒はノロが最多だそうです。良く焼けば大丈夫)


ちょっとぷりぷりした半生もおいしいことに気付き……。

なかなかにせめぎあっています。


小心者の私は、せめてものお守りに、食後にタイムのハーブティーを飲むのです。


タイムに含まれる精油成分(チモール、カルバクロールと言ったフェノール類)の

抗菌・抗ウイルス作用に期待してです。

(揮発性の成分なので、しっかり蓋をして抽出しましょう)

(数あるハーブの中でも最も抗菌・抗ウイルス力が強いと言われるハーブです)


牡蠣を食べてもタイムを飲めば大丈夫!と言っている訳ではありません。

私の個人的お守りです。



消化不良や口臭にも対応してくれますから、食べすぎたり、飲みすぎたりの飲み会の後なんかに◎


その場の雰囲気でついつい「今日は特別♡」みたいな時の翌朝の

「後悔先に立たず」の私のためのハ-ブティー


実はスタンダードな使い方は、呼吸器の感染症対策です。


かぜ・インフルエンザの時期にも良いと思います。

サポニン成分が、痰を出しやすくもします。


タイムのティ―でうがいもいいと思いますよ。


※妊婦さんには不向きです、ご注意くださいね。



キャンプ場のタイムはきれいな紫の花を咲かせます。こぼれ種であちこちから芽を出してきましたよ!


今年はブーケガルニを作るぞ♡



ABUNDANTIAの公式ラインアカウントにて「アロマ&ハーブのトリセツ」定期配信中

現在は「オレンジ精油のトリセツ」

オレンジ精油のプロフィール、オレンジ精油の使い方等をまとめています。


↓以下のURLよりご登録いただき、「オレンジ精油」とお声かけ下さい。


お気軽にお待ちしています。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page