top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

遅れる者は斬る!とまでは言わないだろうけど:FEインパチェンス

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。




せっかちなほうではないとも思いますが、のんびりともしていません。

忙しかったり、物事に追われたりするのは嫌ですが、

テンポよく物事が進むのが大好きで、思い付きやノリを大切にします。

決断は、早いかも。


年齢とともにこれでもだいぶ落ち着いてきたと思うのですが、


そんな私が非常に嫌いな場所が、病院です。

自分のコントロールできない「待ち時間」が生じる場所に、私は耐えることができません。


なぜ時間を予約して行くのに、30分以上も待たなくてはならないのでしょう?

予約時間は何の為にあるのですか?

レストランで予約をして30分以上席に着けない、なんて事はありませんよね?


イライライライラしてしまうのです……。


「患者中心の医療」なんて言いながら、結局はお医者様の都合ではないですか?

病院の経営が第一ではないですか?


現代の医療はどこか間違っている!!


なんて……たった30分の待ち時間ですが、

私のイライラはどんどん加速していき、社会問題にまで発展していきます。


この状態になってしまった私は、なかなかに「感じが悪い人」になっていると思います。

「あ~インパチェンス持ってくればよかった」と後悔。


自分の思い通りに物事が進まないのが我慢ならない、

フラワーエッセンスで言うところの「インパチェンス」です。


●インパチェンス

ネガティブな状態:せっかち、イライラ、癇癪、直線的考え、早口

ポジティブな状態:他者への気遣い、優しさ、許しの心、忍耐強さ


バッチ博士は、フラワーエッセンスを選ぶ時、その植物を念入りに念入りに観察しました。

「その植物の形態がその人を表している」と考えました。


インパチェンスは「ほうせんか」なんですけど、

さやの中に種が入っていて、さやが破裂して弾丸のように飛び散ります。

「パーン!」と鉄砲みたいな音を出します。

複雑な形の花は、ささいな刺激にもひっくり返ります。

→イラチ、癇癪もち


成長の早い1年草→パッパと結果を出します、効率重視

強い不快な匂いを放ちます

→不機嫌な人がイライラして嫌な空気を出しているよう

インパチェンスは密集して生育するため、他の植物は育ちにくいのです。

(常にイライラした先輩や上司の下では、新人は育ちませんね)


人に頼むより自分でやったほうが早いので、

なんでも自分でやってしまって、疲れてさらに周囲にイライラ……みたいな。


花言葉「さわらないで!!」 (ちょっとうける)


インパチェンスタイプは、独立心がありエネルギッシュで、いわゆる「できる人」ではあるのですが、

自分と同じようにできるとは限らない周囲の人を理解し、寛容になる必要があります。

(そうじゃないと自分もきついと思う)


早く早くとついつい急かしてしまう、子育て中にも良いエッセンス

子供の成長を待ち、今ここに一緒にいられることを喜べるようになります。


このようなタイプのイライラがつのりましたら、

フラワーエッセンスの「インパチェンス」をおすすめします。


すとんと肩の力がぬけた経験のある私です。



余談ですけど「信長の野望」の中で、伊達政宗が「遅れる者は斬る!!」っていつも言ってて、

「あ~、お前インパチェンスなんだなー」って分析しています。



このような情報をシェアしていくFEのコミュニティを作りました。

スクール・オブ・フラワーエッセンス

オンライン基礎クラスも始まっています。


どなたでもご参加いただけますので、お気軽にどうぞ。

オンライン交流会など様々な楽しい交流も予定しています。


こちらです↓










閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page