top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

花粉症ケアど定番ハーブ

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



今年の花粉はひどいそうですね。

私は花粉症を発症していないのですが、皆さんおつらそう。

ハーブティ―でケアするならば、おすすめの定番が3つ

●エルダーフラワー

 アレルギーの定番ハーブ

 アレルギーを起こすと毛細血管がもろくなり広がり、手を付けられない状態になりますが

 含有成分のルチンやクエルセチンといったビタミンPが、

 毛細血管を丈夫にしてアレルギーが広がるのを防ぎます。

   

●ローズヒップ

 別名ビタミンC爆弾のローズヒップ

 アレルギーは炎症反応ですから、回復するのにビタミンCを大量に消費します。

 なおかつビタミンCはアレルギー反応で生じるヒスタミンの放出も抑えます。

 上述のエルダーフラワーのビタミンPは、ビタミンCと一緒に取ることでより効果を

 発揮します

●ネトル

 体質を改善します。

 血液をきれいにするハーブです。

 これは誰もが飲んだら良い万能ハーブと感じています。

大体この3点が王道の定番でしょうか?

3種をブレンドして飲んでいきます。

出来れば花粉が飛び交う少し前から予防的に飲んだほうが良いですね。

ABUNDANTIAのスクール生様には、「今年は花粉の症状があまりない」

という方がたくさんいますよ。

ハーブを生活に意図的に取り入れているからでしょう。

ハーブ取り扱いがありますので、

ぜひご相談くださいね。郵送対応も致します。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page