• 川﨑あゆみ

私がムカデに噛まれても無傷なわけ



生まれて初めてムカデに噛まれました。

余談ですが、

ムカデというのは「前進しかしない」という習性から、

戦国武将の兜のモチーフになったりもしていますね。


戦国武将マニアの私ですけど、やっぱりムカデは大の苦手。

洗濯物を洗濯機にポンポンと投げ入れていたら、中に隠れていたのでしょう。

左ひざにチクリと違和感。

もぞもぞっと黒いゲジゲジしたものがそのまま膝あたりで動いているので、

全てを察した私は、すごい悲鳴を上げて、リビングに逃げ込み、

はいていたパジャマを急いで脱ぎすて、もうほんとパンツ1枚で

キャーキャー悲鳴を上げるのみでした。

退治してくれた夫によると、

パジャマの中から出てきたムカデは約10センチちょい。

まあまあのサイズだったみたい。

ジンジンしてきました。

差し箇所が2つ。  ガブッとやられたんですね。

少しずつ腫れてもきました。

毒虫に刺されたときは「ラベンダースピカ」です。

スパイク・ラベンダーという名前でご存じの方も多いと思います。

通常万能と言われる「ラベンダー・アングスティフォリア」とは違い、

酸化物類やケトン類を含む、ちょっとスパイシーなラベンダーです。

原液を1滴垂らして様子を見ます

その間、

自分がいかに大きなムカデに刺された過去があるかとか、

3日ぐらい熱をもって腫れたのだ、すごく痛かったんだ、とか…


夫の武勇伝が始まります。

いつもの事なので華麗にスルーしながら、

やっぱり、ジンジン、カッカしてきました。

さらに時間をおきながら数的垂らして、様子を見ます。

10分ほど経過して、もうほとんど痛みはありません。

わずかに腫れていますけど、ひどくはなりません。

「すごいなー、病院の薬を使わなくてもこんなに治るんだ。

もうムカデに噛まれても大丈夫だね」って夫が言いますから、

そもそも西洋医学の薬ができたのは、人間の歴史から言うとほんのつい最近の話なんだ。

昔はお薬は薬草とかしかなくって、

それらの薬草をもとに作られた現代の薬だっていっぱいあるんだ!って、


私もうんちくをたれたくなったけど、

夫が、死んだ魚みたいな眼になることはわかっているので、

何も言いませんけどね。


そのまま経過して、翌日には刺し傷が2つ目視できますけど、

痛くもかゆくもありません。


毒虫に刺されたら、ラベンダー・スピカ 優秀です。

(健康な成人の場合の使用です。小さなお子様や妊婦さんの場合など、

使い方はケースバイケースですから、安易に真似はしないでください)


わが家は山の中にありまして、家の中で大きなムカデに出くわすことも、しばしば。

いくらスピカが効いてくれたからと言って、

もうムカデには噛まれたくないので、何か手を打たなくてはいけないですね。

生活の中に植物の力があると本当に便利。

自分で自分の心と体をケアできます。

そのやり方は、私がすべて教えていますよ。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示