top of page
  • 川﨑あゆみ

眠れない時の植物療法②眠れない時のドツボあるあるに


眠れない時の植物療法①の続き

今回はフラワーエッセンスの視点から「ホワイトチェストナット」を。


心を落ち着かせるハーブティーとともに飲んでみると良いと思います。

眠れない時、私も時々ありますが、

頭の中をぐるぐるぐるぐる「考えても仕方のない事」が

浮かんでしまいます。


そんな時に助けてくれるのが「ホワイトチェストナット」のフラワーエッセンス

ホワイトチェストナットは、

トチノキ科トチノキ属

「マロニエ」とよばれる樹木で、シャンゼリゼ通りの街路樹としても植えられているようです。


キーワードは「思考の堂々巡り」です。


ネガティブな状態:同じ事ばかり考えてしまい落ち着いていられない。

ポジティブな状態:心を落ち着け建設的に考える

心配事や自分では望んでいない考えばかり頭に浮かび、いつまでも消えない。

一次的に振り払えたとしてもまた戻ってきてしまう。



眠れない時のドツボあるあるですね。


バッチ博士は、FEを選ぶときにその植物を年入り念入りに観察し、

その特徴からポジ・ネガ併せ持つ人間の心の状態に結び付けました。


FEのエビデンスともいえる部分です。


魅力的な花の為、街路樹等にも植栽されますが、

左右対称ではなくどこか不規則でバラバラな印象の花。

(縁がカールしたふわふわしたつつじみたいな花が、バラバラとたくさん咲いているのを

イメージしてもらうとわかりやすい。)

なんだか混乱してまとまりがないのです。

しかし、中心部だけ黄色く、全体は白い美しい花はろうそくのようにも見えます。

→知識と理解に火をともしたろうそくです。

また、木全体としては遠目でみると調和しバランスの取れた植物。

→調和した平穏な思考能力を意味します。

ネガティブな状態、ポジティブな状態は常にその人の中で綱引きしています。

陰と陽、男と女、昼と夜、交感神経・副交感神経みたいなものです。

どちらもあるのが当たり前。

要するにバランスの問題で、バランスを再び取り戻したら良いだけ。


いろいろ細かく考えるというその方の性質は、繊細で小さなことにも気が付くことを

示します。

いったんバランスを取り戻せば、明晰な分析力や判断力、配慮に富む根回し力などは

素晴らしいものなのでしょう。

どうしてあんなことしちゃったんだろう、あんな事言っちゃったんだろう。

もっとこうすれば良かった、ああすれば良かった。

そんな風に考えることが出来る人って、次からもっと物事を良くしていける人だと思います。


でも今、それを考えても仕方ないんだよね。

自分でもわかってはいるんです。

建設的に物事を考えることが出来ない時に、

小さな心配事に心を奪われてしまっている時に、

人生におけるもっとも重要な全体を見渡すことを教えてくれるFEです。

眠れない時に試してみましたら、頭の中がすっと空っぽに……。

そのあと眠れてしまったという体験があります。

ぐるぐるぐるぐるしちゃったら、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。


このような情報を時々発信するFEのコミュニティを立ち上げています。

「School of Floweressence」


公式ラインアカウントにお気軽にご参加ください。



フラワーエッセンスを用いたセルフケアを目指すオンライン基礎クラス

1月開講、全国どこからでも受講いただけます。


フラワーエッセンスに関するご相談や販売もSHOPにて致しております。

ご来店の際はこちらからご予約下さい↓





閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page