• 川﨑あゆみ

水蒸気蒸留体験ワークショップ行いました。


ABUNDATIAの卒業生様にお願いしたワークショップが終了。


卓上の水蒸気蒸留器を用いて、

卒業生のMさまが、汗をかきかき、熱意をもってレクチャーしてくれた。


お疲れさまでした、ありがとうございました。

ご参加いただいた皆様もありがとうございました。




水蒸気蒸留でローズのハーブウォーターができる様子。


1滴1滴と、ローズウオーターがしずくとなってビーカーに落ちていく様子は、

神秘的で、美しい。


鍾乳洞の天井から落ちる水滴のよう。



私にはない視点の新しいワークショップ。

1人ではできることは限られているから、人にお願いするのもたまには良いものだ。

(楽させてもらった 笑)




水蒸気蒸留法を現代に通じる形にしたのは、アラビアのアヴィケンナと言われる。


彼は錬金術師と言われてますが。


時の権力者は、鉛を金に変えろだの、不老長寿の薬を作れとか、権力に物言わせて、無理難題を言うのだけど、


当時最先端の科学者でもあったろうアヴィケンナは、ローズに特別な力を感じていたんだろう。


ローズを煮たり、焼いたり、いろいろ実験を重ねたんじゃないのかな。


その過程で水蒸気蒸留の技術は進歩した。


古の権力者はみんなローズが大好きだったから、素晴らしい香りのローズウォーターはさぞ珍重されただろう。


2時間ほどかけて、やっと20ミリくらいのウォーターが出来上がった。


貴重だ。


不老長寿とまではいかないけど、確かに若返るような気がする。



Mさんが私に水蒸気蒸留器を託してくれたから、

庭に自生しているローズマリーやレモンバームなどを蒸留して、

これから生徒様とともにちょっと楽しんでみようと思う。



次回の卒業生様によるワークショップは、カモマイルについて


どなたでもご参加いただけます。


お待ちしています。







10回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン
  • Black Facebook Icon