• 川﨑あゆみ

嫌われる勇気

「年間ベストセラーランキング6年連続トップ5入り」なのだそうです。


岸見一郎・古賀史健先生著


ダイヤモンド出版






私も遅ればせながら読んでみましたが、


もしまだの方がいたら、ぜひ読んでほしい1冊です。



アドラー心理学について、とても読みやすくわかりやすくまとめられています。


これから折に触れ何度も何度も読み返し、


アルフレッド・アドラーの思想をすこしでも理解していきたいと思っています。



シェアしたい内容はたくさんあるのですが、


気になった一説を挙げてみますと、


アドラー心理学では、子育てをはじめとする他者とのコミュニケーション全般について、


一貫して「ほめてはいけない」という立場をとるのだそうです。


(もちろん叱ってもいけない)


子育てや部下を育てるなどの場面で「褒めて伸ばす」ということが


一般的に言われますので、とても意外ですよね。



アドラー心理学では人間相互の関係性を上下関係のある「縦の関係」ではなく、


立場や役割は違うけれども対等な「横の関係」で考えることが原則で、


「ほめる」という行為は、「能力のある人が能力のない人に下す評価」という側面が含まれており、


人が他者をほめるときには、「自分よりも能力の劣る相手を操作する」という目的が


背後に存在するのだそう。



つまり、


「お洗濯ものをたたんでくれたんだ!偉いね!さすがお姉ちゃん!!」 by母


声に出さない母の心のうち ~「褒めておけばまたやってくれるかもしれないぞ~」


っていう感じかな。(思い当たる~)

  


「人が他者をほめたり、あるいは叱ったりする、その背後にある目的は操作」であると。


そこには、尊敬や感謝という「横」の人間関係はないのです。


なので本当は「お洗濯ものをたたんでくれたんだ!ありがとう!お母さん助かったよ!!」


ってことなんですね、


皆さん今度からそう言いましょう 笑



他にも目からうろこの気づきがたくさんの良書です。


ベストセラーの理由が理解できます。


年末年始のお時間がある時に、いかがでしょうか?



どんな小さな子供であっても、支配する「上下関係」ではなく、対等な「横の関係」でいたいものです。


だから私も「鬼滅の刃」を読んで、キャラクターの名前を覚えたりするんですけどね。







16回の閲覧0件のコメント
  • Instagramの社会のアイコン
  • Black Facebook Icon