top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

医食同源:ハーバルセラピスト

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



ハーバルセラピストコースも順調に進んでおります。

先日はレッスン16「キッチンファーマシー(我が家の台所薬局)です。


医食同源とか、食品の機能性について学びます。


健康というものを管理する上でさけて通れないのが食生活。

私も最近とても意識したいと思っている部分なんですね。


医食同源という言葉があります。

病気を治す薬と食べ物は、本来根源を同じくするものであるという言葉。


食事に注意する事が病気を予防する最善の策です。

(そして心の安寧かな、ここらへんはフラワーエッセンスのクラスでお伝えしています。)


医食同源という言葉は、中医学の「薬食同源」をもとに日本で作られた造語です。


中国医学における3大古典である「黄帝内経」には、

「空腹を満たす時は食と言い、病を治す時は薬と言う」と書かれています。


食事が私たちの体を作っているのですから、当然の事ですね。

野菜や果物をたくさんとって、ハーブティーをいただいて、薬草を活用して、

心も体も健康で若々しくありたいと思います。


また、文部省特定研究「食品機能の系統的解析と見解」において、

食品の3次機能というものが提唱されました。


食品の体調を調節する機能が提唱されています。

免疫を上げたり、病気を予防したり、肥満や老化を防止したり……


それらの働きを持つものが、植物性の食品に含まれる

ポリフェノールであったり、カロテノイドであったりするわけです。



ハーバルセラピストコースは、広くこのようなことも学んでいきますよ。

ハーブの知識のみにとどまりません。(ちょっと難しいんだけどね)



 


ご興味のある方はお問い合わせください

健康に関する幅広い知識、植物、ハーブに関して一緒にお勉強しましょう♡


ハーバルセラピストコース レッスン16:内容

1 医食同源

2 機能性食品

3 植物性食品の色素成分、低未成分、芳香成分

4 植物性食品の機能性成分

 ポリフェノール、カロテノイド、含硫化合物

5 健康食品と「保険機能食品制度」

 特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品


植物って本当に素晴らしいと日々実感しています。


お知らせ

ABUNDANTIA川﨑あゆみの公式ラインアカウントにて「アロマ&ハーブのトリセツ」

定期配信中



現在はサンシャインサプリメント:セントジョンズワートです!!

約2週間ごとにテーマは変わります。



↓以下の公式ラインアカウントよりご登録いただき、「トリセツ」とお声かけ下さい。

PDFを返信いたします。


いろいろ面白い事やりたいな♡


お気軽にお待ちしています。





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page