top of page
  • 川﨑あゆみ

ママのためのフラワーエッセンスと言えばこれかな。

フラワーエッセンス、38種類あります。


エドワード・バッチ博士は、人間が不幸になる感情や心、思考の状態を38種類に分類し、


それぞれに対応するフラワーエッセンスを完成させました。


私は、「心と感情の救急箱」と、いつもレッスンでお話ししています。


どのようなシーンでどのエッセンスを用いるかがわかるまで、少し知識の習得が必要にもなるのですが、


分かってくると、ほんと便利なエッセンス達。


セルフカウンセリングしてセルフケアできる。


「汝自身を癒せ」〜バッチ博士の言葉です。





今日は、「ママのためのエッセンス」と言えば、という事で少しお話ししたいと思います。




ママのためのフラワーエッセンス


ファーストチョイスは、「レッドチェストナット」かな。


学名:Aescylus carnea


別名は、ベニバナトチノキ


(-)他者に対する過剰な心配

(+)緊急事態にも落ち着いていられる、他者の安全を信頼できる


どうしても他の人が心配でならない人のためのエッセンス


他者と書きましたが、誰でも心配というわけではありません。


ありがちなのが「身近な人への過剰な心配」です。



身近な人というのは、パートナーや両親、子供、時にはペットかもしれません。


誰でも大切な相手のことは心配ですよね。



でもそれが過剰になってしまって、自分自身のことに集中できないほどになったり、


大切なその人に何か悪いことが起こるのではないかと、不安になったり、


それはちょっと、きつい状況



そんな時に、自分で生きる力を持つ他者を信頼し、調和のとれた状態に導いてくれます。


(私の場合は何回もお世話になってきました。)



例えば、


昔から、(まあ、今でもですが)


私が母からいつも言われるこんな言葉


「大丈夫? ちゃんとやってる? 心配よ」


これほんと苦手なんです 苦笑   


なんだかいつまでも信頼されていないみたいで。


アラフィフの娘がまだ心配な母


母は悪気は全くない、これぞ母心なのだろうから。


でも、


「いつも頑張ってるね~、あなたなら大丈夫よ! 信頼してる」って言われたら、


そっちのほうが嬉しいと思う。



そしてなんとなんと、


私も自分の子供に「大丈夫?心配よ」なんて母そっくりの口調で言ってるんだから、苦笑



だって心配なんだもんね、人生楽勝で何事もなくスイスイ生きてってほしい、


でも、そんな人生はきっとあり得ない、そう思っちゃって


なんだか自分の不安を投影してしまうのでしょうね。



そんな時このエッセンスを使うと、


「あの子にはあの子の人生があり課題がある。信頼して手放そう」


という気持ちに不思議となるのです。



すっと楽になります。



ママたちはいつも心配だよね、子供の事、


時には年を取っていく両親のことかもしれないし



大丈夫です。


心配しても、しなくても状況は変わらない。



だったら、手放して、今は自分のことに集中しよう。



そんな調和したエネルギーをもたらすエッセンスです。



思い当たる方、試してみるのもありかもです。




フラワーエッセンスが大好きな講師3人で作ったコミュニティ


フラワーエッセンスにご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。


School of Floweressenncce(スクールオブフラワーエセンス)




普段使いできるFEの知識をちょこちょこ発信しています。


←こちらからどうぞ






また、来年1月より講師3人体制でオンライン基礎クラスを開講いたします。


まずは「汝自身を癒す」事を目指します。


絶対に濃厚な濃厚なレッスンになりますよ。


ご興味のある方は、公式LINE赤生ウントよりお問い合わせいただきますと、


詳細等お知らせいたします。


よろしくどうぞ♡

閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page