top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

バッチフラワーエッセンス・カウンセリングスキルクラス開催しました。


アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。


先日開催したバッチフラワーエッセンスのカウンセリングスキルクラス

レッスン3まで進んできました。



(レッスン3)


総論

①健康とは、病気とはなんでしょう?

②汝自身を癒せ(ヒールザイセルフ)より抜粋

③健康と病に関するバッチ博士の言葉

④7ヘルパーズとは


各論:7ヘルパーズ

・ゴース

・オーク

・ロックウォーター

・ヘザー

・オリーブ

・バイン

・ワイルドオート


レッスンでは3では、バッチ博士の治療哲学の原点

「ヒールザイセルフ(汝自身を癒せ)」をピックアップしながら進んでいきます。



「ヒールザイセルフ(汝自身を癒せ)」

この本は、当時の主に医療従事者や宗教指導者を対象として書かれています。


当時の西洋医学一投打の医師たちのかたくなさにバッチ博士は物申したかったのかも。

本当に癒されるべきなのはあなたたちなんじゃない?って。


ホリステイックな考え方や、「心身症」という言葉がない時代に、

大きく先取りして、病気の真の原因と治癒について書かれた本でもあります。


それを通して、

健康とはどのような状態であるのかを考えていきます。

健康とは、「病気でない事」ではありません。


身体と精神が健康であることはもちろんですが、

心も、そして魂も健康であることだということでしょう。


病気は、身体という機械の故障ではないんですよね。


身体が健康であるから→幸せで→結果心が健康になるのではなく、

逆なんですよね。


心が健康であるから、身体が健康なんですね。

心が先なんだよね。


さて、病気になるのはどうして??


バッチ博士は、病はその人の気質上の欠点が原因で起こると言っています。


ではどうするか。

欠点に注目するのではなく、欠点の反対の長所を育くむことで欠点を洗い流せるのです。


それをサポートするのが、「フラワーエッセンス」です。心をバランシングしていきます。



レッスンの最後に、ワークを行ったり、カウンセリング演習をするのですが、

フラワーエッセンスの各種について、とても理解の深いお2人です。


その言葉に、「なるほど!」とこちらがうなることもあります。

若いのにすごいな~と思います。

これからどうなっちゃうんだろう、楽しみです♡


残り3レッスン、しっかり楽しんでいこうね♡


フラワーエッセンスについてご興味のある方は、お気軽にHPよりお問合せください。


ABUNDANTIAでも学んでいただけますし、フラワーエッセンスのコミュニティも立ち上げております。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page