top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

ドクダミチンキを活用

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



ドクダミのハーブウォーターにドクダミのチンキを入れて愛用しています。

ドクダミづくしの化粧水です。


ドクダミのハーブウォーターも保湿力を感じる使用感ですが、

チンキを入れることでさらに保湿力が増す感じがしています。


独自の匂いが嫌いな人も多いのですが、乾燥させると臭みは気にならなくなります。


造園の業者さんが入ったときに、「ドクダミは残してください」とお願いしたところ、

「これが栄えたらもう大変ですよ!!」と忠告されましたが、

私にとっては,大いに興味のある植物です。



花が咲いた時期(5月〜7月)が一番エネルギーが高いそうです。


チンキは、

摘んで、洗って、水分を乾かして、アルコールにつけるだけ。


含有成分のルチン・ケルセチンは抗酸化・抗炎症

(ウォッカで抽出が1番効率的なようです)


抗菌作用が強いので虫刺されや、ニキビ、吹き出物にも良いです。


植物がきれいにアルコールに沈んでいないと、カビが生える事がありますので注意。


2週間くらいで使用可能です。

私は昨年仕込んで、冷暗所に置いていました。


きれいに洗ったコーヒーメーカーで濾してます。

琥珀色の濃いエキスになっています。


化粧水としては、ハーブウォーターにチンキ5〜10%濃度で使用。


ちょっと作りすぎちゃって、古くなったチンキがあるのですが、

床掃除のバケツに少量入れたり。


お風呂にも入れて使用しますが、ぽかぽか体があたたまります。

あせもの季節にも良いですよ。


お試しください♡



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page