top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

オレンジ等カンキツ系精油6選トピックス!

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。


只今新講座を構築中。

その流れで、柑橘系精油のトピックスをまとめてみました。


似て非なる個性豊かな愛すべき「おミカン達」誰もが好きな香りですよね♡


オレンジは、その昔はクリスマスのぜいたくなおごちそうであったそうです。

陰極まる冬の季節に「太陽の象徴」のような黄金の果実は、とっても魅力的だったのでしょう。


ルイ14世は、オランジェリーとよばれる特別な温室で1年中オレンジがとれるようにしていたとか。


みんな大好き柑橘系ですね。


●オレンジ・スイート

 オレンジはブンタンとマンダリンの交雑種です。

 誰もが笑顔になるオレンジの香り

 芳香浴で用いれば、ストレスを軽減し明るい気持ちにします。

マッサージで用いれば、むくみを軽く。

 消化器の働きを活発にしますので、便秘やガスだまりにも◎

 柑橘系は基本的に上記のように働きます。


●オレンジ・ビター(橙)  

 オレンジ・スイートとほとんど同じですが、

 オレンジ・ビターの花→ネロリ精油 

 オレンジ・ビターの葉→プチグレン精油です。


●グレープフルーツ:Citrus paradisii

 グレープフルーツの木は、富と幸せの象徴でした。  

 幸せホルモン・恋愛ホルモンとよばれる「フェニルエチルアミン」が分泌されるとか。

 フェニルエチルアミンは、恋愛初期に分泌され脳内お花畑になるんですけど、

 早い人で3か月、長い人で3年たつと分泌が落ち着いて通常モードになりますので、

 いわゆる倦怠期です。

 アロマ惚れ薬に欠かせない精油の1つ


●マンダリン:Citrus reticulata

 オレンジの先祖です。

 強い抗不安作用を持つ成分が含まれているので「アロマ界のデパス」とか

 呼んでいるのは私だけかな。


●ベルガモット:Citrus aurantium ssp、bergamia

 気持ちをフラットにします。

 この精油は面白くて、気持ちを高める働きの成分と、しずめる成分が半分半分入っている 

 んです。

 柑橘精油の中でもかなり面白い立ち位置にいます。


●レモン:Citrus limon

 ビタミンP様作用

 わかりやすく言うと毛細血管を丈夫にして、血液をサラサラにして、

 各組織に新鮮な血液を送るから「組織の若返り」と言われますが、

 ビタミンPは皮に含まれるルチンやヘスペリジンの混合物。

 おそらく他の柑橘精油にも同様に含まれると思います。


光毒性に注意です。

お風呂にも入れすぎるとチクチクしますよ。


私は、ベルガモット推しかな?

使い分けたらさらに広がる「アロマ道」だね


アロマアドバイザークラス受講生募集しています。



 


(お知らせ)

ABUNDANTIA川﨑あゆみの公式ラインアカウントにて「アロマ&ハーブのトリセツ」

定期配信中



現在は「オレンジ精油のトリセツ」です!!

オレンジ精油のプロフィール、オレンジ精油の使い方等をまとめています。


↓以下のURLよりご登録いただき、「トリセツ」とお声かけ下さい。


お気軽にお待ちしています。






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page