top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

アロマクラス:感染症予防

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



NARDアロマ・アドバイザークラス:レッスン7

テーマは呼吸器と感染症のケア

ここでキーになるのは、1.8シネオールという成分です。

(イチハチシネオールと読みます)

1.8シネオールは、

免疫機能を調整したり、

抗カタル(のどや鼻のぐじぐじ)や炎症を抑えたり、

痰を排出しやすくしたり、

病原微生物に対する力があったり、

ヒスタミンを抑制したり、気管支の筋肉をゆるめたり……

(アレルギー性の咳にも良いですね)

まさに、感染症や呼吸器系のエキスパート!

1.8シネオールを多く含む精油は医薬品の原料にもなります。

クリーム、シロップ、トローチ、のど飴などなど

私はこれらをはちみつに1滴混ぜてのどが痛い時や、

咳が出る時に、即席のど飴を作ったりしますよ。

(精油は必ず品質の確かなケモタイプのものを使用します。)


この成分を多く含む精油には、

ラヴィンツァラ、ユーカリ・ラディアタ、ローズマリー・シネオールなどがあります。

どれも香りはすごく似ています。

(成分構成が似ているからね)

●子供の鼻水がとまるバスオイル

・バスオイル(中和剤) 10ミリ

・ユーカリラディアタ  3滴

・ラヴィンツァラ    3滴

・ティトゥリー     2滴

※2回分のレシピです

保育園や幼稚園に通うと、年中みんな鼻水をたらしていたりするよね。

集団生活の中で仕方ないとあきらめがちだけど、

低濃度でいいので毎日ケアを続けることがコツ

かぜ症状が出てからではなく、予防的に。

もちろん一緒に入る大人の感染症予防にもなります。

寝つきも良くなると思います。

アロマ・アドバイザークラスレッスン7(内容)

・かぜ・インフルエンザとは

・呼吸器の解剖生理と機能

・免疫系基礎知識

 自然免疫・獲得免疫

・かぜ・インフルエンザに対するアロマテラピー

・精油各論

 ユーカリ・ラディアタ

 ラヴィンツァラ

 ローズマリー・シネオール

 ローレル

 ブラックスプルース

・芳香性分類を知る:酸化物類

・風邪予防&改善アロマジェル

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。




 

お知らせ

ABUNDANTIA川﨑あゆみの公式ラインアカウントにて「アロマ&ハーブのトリセツ」

定期配信中



現在は「ハーブ:ジャーマンカモミール」です!!

約2週間ごとにテーマは変わります。



↓以下の公式ラインアカウントよりご登録いただき、「トリセツ」とお声かけ下さい。

PDFを返信いたします。


いろいろ面白い事やりたいな♡


お気軽にお待ちしています。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page