• 川﨑あゆみ

もしかして最強なのか?ネトルというハーブ

もしかして最強なのか?と、今、最も私が注目しているのは、「ネトル」


見た目、雑草の様ですね。


(よく似た雑草が、夏になるとわが家には繁り、困っている。)




【学名】

 Urtica dioica


【和名】

 セイヨウイラクサ





茎や葉の表面に刺毛があり、刺さると痛みを伴い赤く腫れるそうです。


昔の人が、もともと痛みのあった場所に、ネトルの刺毛が刺さると、


元の痛みが消えることを偶然発見したと言います。




私の中では、浄血(デトックス)と造血のハーブ


血液に関するトラブルをサポートしてくれるハーブです。




言うまでもなく、血液は全身をめぐっているわけですから、


私たちの健康に大きく関わります。


アレルギーだって、白血球の暴走ですからね。



そういう意味で、最強だなと思うハーブなわけです。


症状というより、体質そのものを改善したい時におすすめ。





また、葉緑素を豊富に含みます。


葉緑素の構造と、人間のヘモグロビンの構造は本当によく似ています。


葉緑素は植物の緑の血、動物はヘモグロビンの赤い血、と言われます。


(緑と赤は補色の関係ですから、この辺りも本当に面白い。)


だからと言って、生化学的には


葉緑素を摂ることでそのままヘモグロビンの材料になるという単純な話では


ないようですが……。




その他、葉酸(造血ビタミンと言われる)や、鉄、ビタミンC(鉄の吸収を促進する)など、


血液を増やし、きれいにする要素がたっぷり。




ハーブはお薬ではありませんし、効果効能をうたえるものではありませんが、


実際に、ネトルとローズヒップのブレンドで、貧血のクライアント様に、


非常に喜ばれたことがありました。



緑茶のような風味で、ティーで飲みやすいところもおすすめのポイント


食後に緑茶の代わりに、ネトル


しばらく続けてみようかな、と思います。












11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示