top of page
  • 執筆者の写真川﨑あゆみ

ちゃんと愚痴や弱音を吐く必要のある人:アグリモニー

長崎県大村市の植物療法の学校ABUNDANTIAです。

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、植物の力で自他を癒すハーバリストを育成しています。



今日は、先日のカウンセリングスキルクラスでもちょと注目だった

「ついつい辛い時でもおどけちゃうのよね」っていう

フラワーエッセンスのアグリモニーについてシェアしようと思います♡


アグリモニーは「タイプレメディ」になります。


タイプレメディというのは、持って生まれたその方の性質・性格、

キャラクターになります。


一生変わりません。

例えば「おとめ座です」とか「A型です」みたいなものです。


「小さい頃はおとめ座だったけど、大きくなったらうお座になったの」

というのがないのと同じように、一生変わらない基本的性格です。


このタイプレメディというのが12種類あって、これが「12ヒーラーズ」とよばれるのです。



アグリモニーは、分かりやすく言うと

「顔で笑って、心で泣いて」みたいな人。

もしかしたらちょっとええかっこしいなのかな。


ここで「寅さん」が浮かんできた私の昭和の女っぷりにはがっかりですが……。


アグリモニーに「大丈夫?」って聞いたら、

「大丈夫大丈夫!!平気平気~」って明るく言うでしょう。

心の中は本当は悩みでいっぱいでもね。


アグリモニーの花は、教会の尖塔に例えられます。

種はベルの形をしています。


教会の外側は、人通りも多くにぎやかでしょう。

しかし、教会の内側に入ると、ミサが行われていたり、懺悔する人がいたり、

しんと静まり返っているでしょう。


そのように、外側に見せている自分と、内側の本当の自分が異なるのです。


他者との交流を好みますが、深入りはしません。

ダメな自分を隠して、良い友人と思われようとします。


他者へのサポートは惜しみませんが、自分の人生の見通しは立っていません。


孤独を避けるのは、自分の問題と向き合うのを避ける為でもあります。


アグリモニーの学名は、アグリモニア・エイパトリア


エイパトリアは、トルコ北部の王様

毒殺を恐れて、日頃から解毒薬を常備していたそうです。


解毒→デトックス


アグリモニータイプには、内部の毒を吐き出すデトックスが必要です。


実は私もアグリモニー持ちなのですね。


そのことを意識してから、私はあえて「弱音を吐く、愚痴をこぼす」

弱い自分を見せる事を意識するようにしました。




もりろん、いつでも誰でもという訳ではありませんよ。

相手は選びましょう。

TPOも考えましょう。


弱音を吐いたとたんマウントとったり、自分の武勇伝をかますような相手はさけましょう。

共感して、話を聞いてくれる人を見つけてね。


時々意識的にデトックスするのです。


そんな相手いないよという人は、大丈夫!!

フラワーエッセンスの「アグリモニー」を使えばいいのだよ♡


すごく楽になりますよ。


参考になれば嬉しいです。

フラワーエッセンス各種講座お問い合わせください。


閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page